現在、主流となっている脱毛の施術は、ムダ毛の中のメラニン色素に吸収される特性を持つ、レーザーや光を照射して行う方法です。このレーザーや光は、ムダ毛の中以外のメラニン色素にも反応し、火傷のような症状を起こす事があります。その為、日焼けをして、メラニン色素が多くなっている肌には施術が出来ないとされています。

メラニン色素が多く含まれるのは、日焼けをした肌だけではありません。ほくろやシミ等には、日焼けした肌以上のメラニン色素が含まれており、施術の際に火傷等が起こる可能性が高くなります。

その為、すね毛等に対して施術を受けたいと考えた時、そこにほくろがあれば、すね毛脱毛が出来るかどうか、不安に感じるという人は少なくありません。ほくろに対する対処は、エステやクリニックによって変わります。その部分を避けて照射を行う事もあれば、テープ等を貼り、安全な状態を作った上で施術を行う事もあります。

ただ、その数によっても対応等が変わる事がある為、まずはカウンセリングですね毛のある肌の状態を確認して貰う事がお勧めです。それにより、施術が可能かどうか説明をして貰う事が出来ます。

ほくろが多くて施術が出来るかどうか不安な場合は、まずはカウンセリングから始める事がお勧めです。